母乳の会とは
 お知らせ
 母乳育児シンポジウム
    次回シンポジウム
    過去のシンポジウム
 BFH
   BFH認定
   BFH認定施設所在地
   BFHI会議
 ワークショップ
    次回ワークショップ
    過去のワークショップ
 母乳育児支援研修会
    次回研修会
    過去の研修会
 BFNICUワークショップ
    次回ワークショップ
    過去のワークショップ
 データバンク
 Q&A
 関連書籍
 リンク
.
 災害時特別メニュー
    母乳育児Q&A 特別編

| 母乳育児成功のための10カ条2018改訂訳

一般社団法人日本母乳の会
2018年、WHOが4BFHIの25年間の活動を見直して、10か条の改定とそれに伴う実践のガイダンスを出しました。日本母乳の会ではユニセフ東京事務所の承認を得て、以下を正式な訳文としました。
日本では1989年に出された勧告をユニセフの指導の下、母乳育児成功のための10カ条と訳しました。文書の内容は勧告であり、施設がと取り組まなくてはいけないことという意味から「10カ条」と山内逸郎先生とユニセフで訳しました。原文は10ステップですが、ステップという言葉が誤解を生みやすいということから現行通りとし、日本においては10カ条という言葉が定着しているので10ステップは併記としました。


母乳育児成功のための10カ条(10ステップ)
  1a.母乳代替品のマーケティングに関する国際規準(WHOコード)と世界保健総会の決議を遵守する
  1b.母乳育児の方針を文章にして、施設の職員やお母さん・家族にいつでも見られるようにする
  1c.母乳育児に関して継続的な監視およびデータ管理のシステムを確立する
  2.  医療従事者が母乳育児支援に十分な知識、能力、技術を持っていることを確認する
  3.  すべての妊婦・その家族に母乳育児の重要性と方法について話し合いをする
  4.  出生直後から、途切れることのない早期母子接触をすすめ、出生後できるだけ早く母乳が飲ませられるように支援する
  5.  お母さんが母乳育児を始め、続けるために、どんな小さな問題でも対応できるように支援する
  6.  医学的に必要がない限り、母乳以外の水分、糖水、人工乳を与えない
  7.  お母さんと赤ちゃんを一緒にいられるようにして、24時間母子同室をする
  8.  赤ちゃんの欲しがるサインをお母さんがわかり、それに対応できるように授乳の支援をする
  9.  哺乳びんや人工乳首、おしゃぶりを使うことの弊害についてお母さんと話し合う
10. 退院時には、両親とその赤ちゃんが継続的な支援をいつでも利用できることを伝える

(ユニセフ東京事務所承認済み2018.10.23)


Ten Steps to Successful Breastfeeding (revised 2018)
  1a. Comply fully with the International Code of Marketing of Breast-milk Substitutes and relevant World Health Assembly resolutions.
  1b. Have a written infant feeding policy that is routinely communicated to staff and parents.
  1c. Establish ongoing monitoring and data-management systems.
  2.   Ensure that staff have sufficient knowledge, competence and skills to support breastfeeding.
  3.   Discuss the importance and management of breastfeeding with pregnant women and their families.
  4.   Facilitate immediate and uninterrupted skin-to-skin contact and support mothers to initiate breastfeeding as soon as possible after birth.
  5.   Support mothers to initiate and maintain breastfeeding and manage common difficulties.
  6.   Do not provide breastfed newborns any food or fluids other than breast milk, unless medically indicated.
  7.   Enable mothers and their infants to remain together and to practise rooming-in 24 hours a day.
  8.   Support mothers to recognize and respond to their infants’ cues for feeding.
  9.   Counsel mothers on the use and risks of feeding bottles, teats and pacifiers.
10.   Coordinate discharge so that parents and their infants have timely access to ongoing support and care.





理事会専用ページ


*