母乳の会とは
 お知らせ
 母乳育児シンポジウム
    次回シンポジウム
    過去のシンポジウム
 BFH
   BFH認定
   BFH認定施設所在地
   BFHI会議
 ワークショップ
    次回ワークショップ
    過去のワークショップ
 母乳育児支援研修会
    次回研修会
    過去の研修会
 BFNICUワークショップ
    次回ワークショップ
    過去のワークショップ
 データバンク
 Q&A
 関連書籍
 リンク
.
 災害時特別メニュー
    母乳育児Q&A 特別編
   新型コロナウイルス感染症
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)


新型コロナウイルスワクチン接種と妊婦さんと授乳への影響について
 
 新型コロナ感染症の切り札として期待されているワクチン接種が、我が国においてもいよいよ開始されることになりました。国際的にはワクチンの争奪戦が報道されるなど、先行きにはまだまだ不透明な部分もありますが、期待は大きいものがあります。
 日本に導入されるワクチンはmRNAワクチンと呼ばれるのもで、これまでにない新しいタイプのワクチンになります。長期的な影響についての動物実験のデータもまだなく、短期的な効果、副反応を治験データで確認しながら導入しているのが現状です。特に、妊婦、授乳婦に関するデータは国際的にもまだありません。各国の対応もまちまちで、ワクチン対象者として推奨しているところと、推奨から外しているところがあります。そのような中、WHOとAcademy of Breastfeeding Medicine(ABM)からワクチンに対する考え方、提言が出されました。皆様の判断の参考になりますように、ここに紹介致します。
 なお、日本産婦人科学会・日本産婦人科感染症学会からも、「COVID-19ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する方へ」という提言が出されています。@妊婦に対する安全性、特に中・長期的な副反応、胎児および出生児への安全性は確立していない。A現状を踏まえれば、接種対象者から除外すべきではない。ただし、器官形成期(妊娠12週まで)は接種を避ける。B重症化のリスクがある場合はワクチン接種を考慮する。Cパートナーは家庭内感染を防ぐために接種を考慮する。D妊娠を希望する女性は、可能であれば妊娠する前に接種する。という5項目が提示されています。授乳婦に対する提言は含まれていませんでした。



以下は参考です。

<< 前を表示 | 次を表示 >>

理事会専用ページ


*