母乳の会とは
 お知らせ
 母乳育児シンポジウム
    次回シンポジウム
    過去のシンポジウム
 BFH
   BFH認定
   BFH認定施設所在地
   BFHI会議
 ワークショップ
    次回ワークショップ
    過去のワークショップ
 母乳育児支援研修会
    次回研修会
    過去の研修会
 BFNICUワークショップ
    次回ワークショップ
    過去のワークショップ
 データバンク
 Q&A
 関連書籍
 リンク
.
 災害時特別メニュー
    母乳育児Q&A 特別編
   新型コロナウイルス感染症
◇ ◆ 新着情報 ◆ ◇

母乳育児支援WEBセミナーのお知らせ

新型コロナウイルス感染症の拡大で、研修会・シンポジウムが開催することができない状況が続いております。そこで母乳育児支援の基本を学ぶために、オンラインのセミナーを開催します。

  日 時:2020年9月26日(土) 14:00〜17:00
  研修費:5000円+課金等登録料500円
  申込み:https://kenshu1.peatix.com/

(2020/08/19)
第16回BFH施設連絡会議のご案内(第1報) 2020.8.16

予定されていました11月15日(日)に東京・一橋講堂に集まる通常開催は難しいと理事会において判断されました。
新型コロナウイルス感染症の収束後にもつながる新しいやり方として、今年度はWeb開催を試みたいと準備を始めています。

日  時: 2020年(令和2年)11月15日13時00分〜17時00分
Web配信:【ライブ配信】および【オンデマンド配信】

※前日に開催しているインフォーマルミーティング、懇親会は中止とします。

(2020/08/18)
世界母乳の日、世界母乳週間にあたり、日本母乳の会としてご挨拶申し上げます

 8月1日は「世界母乳の日」、その最初の週は「世界母乳週間」です。これは1992年にWABA(World Alliance for Breastfeeding Action)が提唱し、WHO/UNICEF強力に推し進め、世界中で母乳育児を広める会議やイベントが行われています。日本では、これを受けて、日本母乳の会の元を築かれた山内逸郎先生は「母乳をすすめるための産科医と小児科医の集い」を大阪で開催されました。これが、毎年日本母乳の会が開催している「母乳育児シンポジウム」の第1回目でした。その後毎年この時期に「母乳育児シンポジウム」を開催し、今年は29回目を山形で開催する予定で準備してまいりました。しかし、予想だにできなかった新型コロナウイルス感染の拡大によって、本年の「母乳育児シンポジウム」を断念し、来年に延期することにいたしました。
 8月1日の「世界母乳の日」にあたり、改めて母乳育児の原点にたち返り、このような世界的感染症が拡大する時期だからこそ、心身の健康のための母乳育児支援、ヒトというかけがえのない存在を育てる育児を、いかにすすめるかを知恵を絞って行っていきたいものです。
(一部抜粋、全文はリンク先でお読み下さい)

(2020/08/01)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と早期母子接触・授乳に関する情報の紹介

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19; CoronaVirus Disease, 2019)が拡大し、約半年たちました。世界中ですべての年齢層に感染が広がり、収束はなかなか見えません。この半年簡に少しずつ、いろいろなことが分かってきましたが、まだ、未知の部分がたくさんあります。
 2020年5月7日作成内容を更新し、WHO『新規コロナウイルス(nCoV)感染が疑われる場合の重症急性呼吸器感染症の臨床管理:暫定ガイダンス2020/5/27』、WHOによるWeb会議 「新型コロナウイルス感染の状況における2020年WHOコード国別実施状況報告書 2020 Status Report」を追加しました。さらに今回は「新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 流行下で授乳中のお母さんへQ&A」を掲載しました。
 新型コロナウイルス感染症に関する情報は今後も更新され続けると考えます。当欄も適宜更新していく予定です。

(2020/07/30)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と早期母子接触・授乳に関する情報の紹介

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19; CoronaVirus Disease, 2019)がすべての年齢層に拡大しており、お産の前後での母親の感染時の取り扱いにも多くの課題を抱えています。感染は世界中に広がり、WHOなどの国際機関は見解を出しています。また、日本の母と子に関わる学会も見解や対処法をホームページで発信しています。国際機関や欧米からの情報と、わが国での情報は必ずしも同じではありませんが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の実態が十分に解明されていない現状ですので、両者を掲載します。新型コロナウイルス感染症に関する情報は今後も更新され続けると考えます。当欄も適宜更新していく予定です。

(2020/05/07)

理事会専用ページ


*