母乳の会とは
 お知らせ
 母乳育児シンポジウム
    次回シンポジウム
    過去のシンポジウム
 BFH
   BFH認定施設所在地
   BFHI会議
 ワークショップ
    次回ワークショップ
    過去のワークショップ
 母乳育児支援研修会
    次回研修会
    過去の研修会
 BFNICUワークショップ
    次回ワークショップ
    過去のワークショップ
 データバンク
 Q&A
 関連書籍
 リンク
.
 災害時特別メニュー
    母乳育児Q&A 特別編
 書籍関連
書籍の購入方法
書籍希望の方は、書籍申し込み用紙をダウンロード・ご記入戴き、メール添付、FAXにて事務局までお送り下さい。
折り返し、ご連絡差し上げます。
また、申し込み用紙のダウンロードが出来ない方は、
お名前・ご連絡先・送付先・購入希望書籍名・冊数・合計金額を明記の上、
メール、またはFAXにて申し込み下さい。

e-mail:book@bonyu.or.jp
FAX:03-5318-7384



好評の「離乳食」に引き続いて、「これで安心 離乳食のすすめ方」を発行しました。

「離乳食」は発行以来、多くの医療者、お母さん方の支持をうけ、厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」の考え方の基礎となったといってもよい本です。
お母さん方から、離乳食の具体的なすすめ方の本の要望が多く寄せられました。そこで、今回「離乳食」の本の考え方を踏まえて、すすめ方を分かりやすく、解説しました。

A6版 64頁(定価800円+税)


離乳食
母乳だけで育てている赤ちゃんの場合、離乳食の開始は6ヵ月ごろからです。一般的な指導や離乳食の本は、ミルク育児を主体とした考え方で、早期から離乳食が進められるため、母乳で育てるお母さんは、食べない赤ちゃんを前に、指導との違いに悩んでいます。離乳食の意味、離乳食の進め方を今一度、考え直してみましょう。8頁が増補され、食べない悩みを解説しています。
 
A6版 (定価700円)

体重の増え方が悪いと言われたとき、ちょっと待って
 退院後、母乳育児を長く続けるために

産科退院後、母乳育児を続けられなくなっていくのはどんなことが影響しているのでしょうか。体重の増え方が悪いので人工乳を足すようにという指導がされていることが多く、不安なお母さんは人工乳を足してしまいます。しかし、多くの場合は必要がないのです。

赤ちゃんの体重について考える指針となる本です。

A5版(定価 800円+税)

乳幼児のむし歯は急速に減っていますが、母乳=むし歯という誤解がまだあります。むし歯は、生活の中の様々なことが関連してできます。むし歯がどのようにしてできるのか、それが理解できると母乳育児を続けるコツがわかるでしょう多くのお母さんたち、保健医療関係者を悩ましてきた母乳とむし歯の関係について解説しています。

A5版(定価 700円+税)

 
← 書籍の購入には、こちらのシートをご利用下さい。
     E-mail: book@bonyu.or.jp からもご注文頂けます。



<< 前を表示 | 次を表示 >>

理事会専用ページ


*